SaitoWall

New Zealand のクライミング/ボルダリング情報

07
2019

カリムノス・クライミング 2019 【Masouriの滞在情報】

① 食料品&日用品

カリムノス・クライミングの拠点となる街、マスーリにはいくつかのスーパーマーケットやミニマートがあります。

どれも小さなお店ですが、必要な物はある程度揃います。

kalymnos super market 2

毎朝フレッシュなパンが並ぶので、私達は岩場に行く前に寄ってランチを調達していました。

kalymnos super market 1

自炊する場合は隣町のEliseにある大きなスーパーマーケットまで買い出しに行った方が良いかもしれません。


② 水

カリムノスの水道水は塩分が含まれているので飲用には不向き。

街中にある給水所で飲料水を調達します。

お金の投入口がありますが無料です↓

kalymnos water 1

石造りの建物の水の方が冷たくて美味しいらしい↓

kalymnos water 2

スーパーではペットボトル入りの水が大量に販売しており、価格も安いです。


③ コインランドリー

マスーリにあるコインランドリーは洗濯が6ユーロ、乾燥が4ユーロとかなりお高め。(2019年5月現在)

kalymnos lundry

2ユーロコインがない場合は道向かいにあるレンタカー屋さんで両替できるそうですが、レンタカー屋さんは昼間オープンしていないので要注意。お隣のお店に両替できるか聞いてみたら冷たくあしらわれました。


④レンタカー

カリムノスでの移動といえばスクーターが有名ですが、最近では規制が厳しくバイクの免許を持っていないとスクーターが借りられないことが多いので、私達は車を借りて移動しました。

カリムノスにはレンタカー屋さんもたくさんあります。

Pothia港や空港近くにもありますが、今回私達はマスーリの街中にあるレンタカー屋さんで車を借りました。

kalymnos rent a car 1

店によって料金がかなり違うようなので、いくつかのお店で料金を確認してみると良いかも。

kalymnos rent a car 2

岩場近くの駐車スペースはどこもかなり狭いので、なるべく小さい車を借りることをお勧めします。


④お土産

カリムノスといえば海綿が有名。

海綿には全く興味がなかった私達ですが、海綿ダイバーの話を聞いているうちについつい買ってしまいました。

kalymnos souvenior shop 2


kalymnos souvenior shop 1


④ アコモデーション

今回の旅は短期なので私達は朝食付きのホテルに宿泊しました。

kalymnos hotel

ホテル・プラザはマスーリにある一番大きなホテルでビーチの目の前。

クライマーだけでなく普通の観光客もたくさん宿泊しています。

街のど真ん中にあるので夜出歩くにも便利ですが、目の前にPubがあるので騒音が気になる人には不向きかも。

部屋にキッチンがないので、長期滞在の場合はホテルではなくアパートメント、スタジオタイプの方が良いと思います。



ちなみにギリシャのトイレは紙を流さないタイプです。使用後の紙はトイレの横に設置されているゴミ箱に捨てます。

ホテルやレストランなどのトイレには『Don't throw paper in the toilet』というサインがあります。

最近ではトイレットペーパーの質もずいぶん良くなり、下水システムも改善されてきたようで多少は流しても大丈夫なようですが、カリムノスのような島ではまだまだ下水が詰まらないよう注意が必要ですね。


《Yuko》

Tag:カリムノス クライミング Kalymnos climbing

2 Comments

なおこ  

買い物天国

海綿に興味が無かったのに!
あのお店の海綿ダイバーやるね〜〜
10年保つって言ってた気がするけど、誰が一番長く使ってるかね😆
その前にまた訪れて、新しいの買ってるか😅
お水もお金入れる所あるのに無料とか、細かい小銭がないと、これでいいよって言ってくれたり、経済破綻してるとは思えない心意気。
カリムノス、素晴らしい!

2019/06/11 (Tue) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Masaya  

売り上手?

経済破綻した国民がああいう心意気を見せてくれると、逆にもっとここでお金使ってあげようっていう気持ちになるよね。

田舎はいいね。

2019/06/15 (Sat) 13:38 | EDIT | REPLY |   

Comment