SaitoWall

New Zealand のクライミング/ボルダリング情報

15
2016

Darran Mountains Rock Trip

DSC03770 (640x425)

5日間のDarran Mountainsクライミング合宿から無事戻ってきました!

当初は6日間の予定でしたが、最終日がサンダーストーム予報だったので、一日早く撤収。
出発前夜がサンダーストームで、そこから5日間の鬼のような快晴、で、次のサンダーストーム前日に帰宅。完璧です。

到着日は登る前に、初のHomer Hutへ下見に。
前日の大雨で川の水量も上がってました。これ以上増えたら車でのアクセスもムリかもと思いつつ、とりあえずクライミングへ。
DSC03711 (640x425)

初日はBabylonへ。

ひたすら同じ景色の中から、この細いアプローチの入り口を探す。ケルンは一つもありませんでした。
DSC00782 (640x480)

入り口さえ見つけてしまえば、あとはトラックを辿るだけですが、アプローチ核心のうちらにはキツイキツイ。。。
なかなかの急こう配が20分ほど。
DSC00791 (480x640)

Babylonの右ウォール
スパッと切れた垂壁っぷりに圧倒されます。そしてでかい。
DSC00810 (640x480)

Little Babylonへはここからさらに20分ほど上なので、この日はもちろんBabylonで登って終了。
ひたすら薄っ被りなので、技術が試される壁です。ムズかった!
DSC00816 (640x480)

そして増水が心配なHomer Hut へ戻ってみると

DSC03780 (640x425)

あれだけあった川の水はきれいさっぱり無くなってました。

管理人が滞在する時期よりは少し早かったらしく無人でした。
DSC03726 (640x425)

共有スペースはすべてきれいにまとまっていて使いやすかったです。
DSC03719 (640x425)

みんなでのトリップならここが一番楽しめそうですが、ガスも水もベッドもあるので、キャンプ感はないです。
結局うちらはHomer Hut泊はこの日だけで、その後はDOCのキャンプサイトに行きました。



2,3日目はいよいよLittle Babylonへ。

Babylonまでの道のりがとても簡単に思えました。

Little Babylonまではほぼクライミング。
木の幹と張り巡らされた根っことフィックスロープを使ってさらに20~30分ほど。
DSC03892 (425x640)

垂直だし
DSC00836 (480x640)

景色いいし
DSC00838 (480x640)

到着。
ベースエリアは広くて平らで快適でした。
DSC03788 (425x640)

クライマー以外が来ることはまずない隠れ家。

ルート名はすべて取りつきにアーティスティックに描かれてました。
DSC03795 (640x425)

エリアど真ん中にオーバーハング直登系の高難度が集まっていて、その横に30mクラスのルーフ系がたくさん。
ここに住みたい。

Masaya on International Turkey Patrol (25) 持久系の三ツ星ルート
落とせなかったけどめちゃくちゃおもしろいルートだった!
DSC03932 (640x425)

DOC管轄のCascade Creek Campsite。広くて快適でした。
DSC03940 (640x425)



そして4,5日目はThe Chasm。

アプローチは楽ちんで原生林のような林の中の緩斜面をほんの5~7分。
DSC03744 (425x640)

シーズンの初めは上のルーフからずっと水が落ちてくるけど、壁はドライ。
DSC03750 (640x425)

25mのハズなのにルート取りを間違えて隣のルートに合流。
降りてみたら60mロープが地面に着いてなかった。
DSC03962 (425x640)

1ピッチ目はLadder access 、2ピッチ目がAnother One (20) でルーフ下のChiliout Ledge へ。
DSC00776 (640x480)

Yuko on Another One (20)
DSC00950 (480x640)

Chillout Ledgeから恒例の顔半分パノラマ!
DSC00906 (640x141)

キレイな景色とキタナイ手
DSC00985 (640x480)

翌日はエリア右端にあるHidden Wall。

Proximity Infatuation (21) を登ってもう一つのLedge へ。
細長くてスパッと切れてる棚。
DSC01025 (640x480)

棚の上から2ピッチ目のOn the Prow (24)へ。
DSC01028 (480x640)

360°全景色が絶景のクライミング。
経験してほしいと言うしか伝えようがないです。
DSC01014 (640x480)

Masaya on Roaming Worrior (25)
DSC03982 (640x425)

今回は初めてのDarran Mountainsでのクライミング。

グレード的な成果は何もなかったけど、いい天気、いい景色、いいルートに囲まれて幸せでした。
アプローチに強くなったのが一番の収穫。
もうどこいってもそんなに驚かないと思います。

とにかくこの壮大さをみんなに味わってほしいです。
今シーズン中にまた行きたいです。次は一緒に行こう!!

〈Masaya〉

Tag:ニュージーランド クライミング

4 Comments

k−助け  

うわー

すげーとこっすね! やっぱミルフォード近辺は綺麗っすね〜
次はご一緒したーい! 

2016/11/19 (Sat) 15:42 | EDIT | REPLY |   

なおこ  

しゃれおつ!

岩に書かれてる名前、ロードオブザリングみたい!(みたことないけど)
関係ないけど、ハリーポッター初めて見たけど、よかったわ!

ハットも綺麗で整ってるんだねー

アプローチだけで十分アドベンチャー感覚楽しめそうっ
秘密基地だね。

腰爆弾もゆうこりんのおかげで爆発しなくてよかった。
ゆうこりん、重い荷物よくがんばった!!えらい!かっこいい!

2016/11/19 (Sat) 16:18 | EDIT | REPLY |   

Yuko  

次は

ワーホリ組が帰国しちゃう前の2月あたりにみんなでミルフォードに行けたら最高だよね~。クイーンズタウンからなら3.5日あれば余裕でミルフォードを楽しめるけど、チャーチからだとちょっと遠いよね。。。でも、NZ在住クライマーなら一生に一度は絶対経験するべき。ぜひみんなで行こう!

次回は荷物持ち係がいることを祈ってます。。。(笑)

2016/11/22 (Tue) 20:38 | EDIT | REPLY |   

Mauumi  

行こう!

2月にみぃんなで行こう!!!
絶対にいきたぁ~~~い!!
それまでになんとか24くらいまで登れるように体作らないとね。(もちろん休み休みクリーンは無理です)
なんかそういうゴールがあればがんばれそう。

病欠でも何でもとるわっ!

みんなっ、いこうぞ!

ちなみに、今回はマラソンのばたばたとともに大変斎藤家にはお世話になりました。
ありがとうございました!

真由美

2016/11/23 (Wed) 08:23 | EDIT | REPLY |   

Comment