SaitoWall

New Zealand のクライミング/ボルダリング情報

Top page  2/325
23
2017

景色のいい岩場 TOP5!

CATEGORYOther
ニュージーランドの岩場は、木々の生い茂る森の中よりも、視界の開けた山肌だったり、広大なファームの中だったりすることが多いので、見渡す限りの大自然をバックにクライミングができることが大きな魅力。

今回は、完全なる独断と偏見に基づいて景色のいい岩場ベスト5を紹介します。
この他にも景色のいい場所はたっくさんありますが、クライマーとして訪れたエリアのルートがおもしろいことも大事な要素なので、クライミングありきのランキングです!

【5位】 Kingston

終了点からの景色
kingston 1 (800x600)

キングストンはクイーンズタウンから45分くらい南下したところの小さな町。その湖畔のトラックを上がると岩場に出ます。
ほとんどがマルチピッチで、ルートも変化に富んでいるので、登っていてすごく楽しいです。
終了点がトラック頂上の展望台のすぐ下なので、振り返ると景色サイコー!

kingston 2 (800x600)

【4位】 Wishbone Falls

ここはワナカからマウント・アスパイアリングのトラックに到着するすぐ手前にあります。
ファームの中を流れる小川に沿って進むと、大きな滝のすぐ横に取り付きが出てきます。
この時点ですでに景色サイコウ。

3ピッチ目のアンカーからの眺め
wishbone falls 1 (600x800)

看板ルートはチャレンジングで楽しい4ピッチのマルチ。
そしてがんばった後のご褒美はすぐ横にあるコレ!

wishbone falls 2 (532x800)

水着持参すべし。
夏を感じれるパラダイスです!!

【3位】 Babylon / Little Babylon

観光地ミルフォード・サウンドの少し手前にあります。
エリアに向かう道中のドライブが、すでにもうすごい景色の連続。

左の切り立った壁がバビロンの岩場。
取りつきに立つと迫力で潰されそう。
babylon 1 (800x532)

バビロンからさらに険しいトラックを上がるとリトル・バビロンへ。
取り付きは木々に囲まれているけど、登るとすごい景色が待っている!!

little babylon 1 (800x532)

【2位】 Wye Creek

クイーンズタウンのローカルクラッグ。
一番近い岩場がこの景色。幸せという他ない。

wye 1 (800x532)

エリアはとても広く、南エリアも北エリアも絶景揃い。
ルートもたくさん、好ルートもたくさんあります!

ニュージーランドの青い空も独り占めです。
wye 2 (800x532)

海外クライミングらしいダイナミックなロケーション!
wye 3 (800x532)

【1位】 Chasm

第一位はミルフォード・サウンド手前の絶景エリア、Chasm Crag!

壁の中腹にあるレッジまで上がると、見渡す限りの絶景スポット!
晴れた日は深い森と遠くの山が見渡せて、
chasm 1 (800x600)

雨上がりや雨の日は同じ山に無数のカスケードが出現する、また違った景色に変化。
ちなみにここは上部が大きなルーフで覆われているので、どんな雨でも登れる!
chasm 2 (800x600)

荘厳な眺め
chasm 3 (800x600)

Chasm Crag はルートの本数も多く冒険的要素の高い岩場。
景色もクライミングも忘れられない経験になるハズ!!

これからも絶景クライミングを求めて新しいエリアにトライします!

〈Masaya〉






Tag:ニュージーランド クライミング

09
2017

リバーサイド

リバーサイドは大きくてなかなかの迫力!
DSC00904 (800x532)

その名の通り、ここはすぐそばに川が流れていて、涼しげな景色の中でクライミングができます。
夏場はこの川で遊ぶために若者や家族連れがやってくることもしばしば。

【アクセス】
ワナカ市街地よりMt. Aspiring rd をGlendhu Bay / Mt. Aspiring 方面へ約25分。
ホスピタルフラットを過ぎてから、少し先にある小さな橋を渡ったら、すぐ左に駐車場への道が出てきます。
ここもDOC管轄なのでトイレやピクニックテーブルなども整備してあります。

初めに出てくる壁は初級者の練習に最適で、スクールなどでも人気の場所です。
IMGP5033 (480x640)

メインウォールに行くには、ここを一旦、川の方へ降りてから、少し進んで、奥の大きな壁へ向かってトラックをまた登り返します。
メインウォールは25mクラスの20台ルートがたくさんあり、中級以上のクライマーにとってのチャレンジングルートが揃っています。

Jack be Nimble (22)
最後のキャンドルスティックがいいスパイスになっている好ルート。
DSC05899 (800x532)

Zoot Alors (24)
最後まで気が抜けないテクニカルルート。
DSC05737 (800x532)

Lollapalooza (25)
最後のルーフセクションがパンピー!
DSC05791 (800x532)

上の3ルートはすべて三ツ星の超おすすめです!
もちろんそれ以外にもいいのが揃ってます。

それから、この川の向こう岸には、Toad Hall という、もう一つのエリアがあります。
川を渡ったらすぐ反対側なので近いですが、高水位だとちょっと危ないので、夏の晴天続きのタイミングがベストです。

夏でも水は冷たい!!
DSC05050 (800x530)

Toad Hall はワナカには珍しくかなりのオーバーハングです。
そしてすごく短いです。ほとんどが12mのルート。

River Rat (25)
DSC05059 (800x532)

いいルートですが、エリア自体が染み出しの影響を受けやすいので、コンディションの把握が困難です。
行ってみてヌメってたらトレーニングだと思って登ってください。

夏の日差しが強い時にはメインウォールはかなり暑くなります。
そんな時は川で泳いで過ごすのもアリ!!

〈Masaya〉

Tag:ニュージーランド クライミング ワナカ