SaitoWall

New Zealand のクライミング/ボルダリング情報

Top page  1/313
21
2017

ベストコンディション

DSC02134 (800x532)

今日は最近の中では気温高めの快晴!
この日も昼到着でサニーサイドへ。

昼にはすでに岩場もポカポカになっていて、先客は上着脱いで登っているくらい。

最近はサニーサイドで以前登っているルートを登ったりYukoの練習したりという感じ。
今日は寒くもなく、しかもフリクション最高で登りやすかった!!

今日会ったクライマーのおじ(い)ちゃんはワナカで25年も登っている開拓クライマーでした。
この人によると、Cattle Yardエリアの上に新たなエリアを開拓中とのことで、グレードも23~26が数本と、興味をそそる数字です。

Cattle Yardは実はまだ行ったことがないエリアで、Little Big Wallの駐車場から20~30分上がった岩場。
ルートもけっこう多くて☆マークもたくさん付いているのに、今までどうして目につかなかったんだろう?

Little Big Wallを正面に見て左に登って行くらしい。
DSC07012 (800x532)

日も当たるらしいので近いうちに行きます!!

〈Masaya〉

Tag:ニュージーランド クライミング ワナカ

19
2017

【The Chasm】

CSM (6) (800x600)

ニュージーランドを代表する観光地の一つ、ミルフォード・サウンド。
そのダイナミックな自然を生かして、この周辺でもいくつかのクライミングエリアが開拓されています。
その中でもアプローチが短く、比較的低めのグレードから楽しめるのがThe Chasmです。

【アクセス】
ミルフォードまではクイーンズタウンから車で約4時間、テアナウからは約2時間です。
ホーマートンネルまでは観光気分で景色を楽しみながらのんびり運転してください。
HT.jpg
ホーマートンネルを抜けてしばらく走ると、The Chasm という看板と駐車場が出てきますが、これは観光用の峡谷のことで、クライミングエリアはその少し手前の右手(山側)です。

The Chasmの駐車場でUターンして少し戻り、小さな橋のわきに駐車。このケルンがトラックの入り口。
DSC00779 (360x480)
この入り口さえ見つかれば、アプローチは超簡単。5~7分。

【ベストシーズン】
ミルフォードは一年を通して雨が非常に多い場所ですが、このエリアは大きなルーフに守られているので雨が当たりにくく、壁自体はいつもドライです。なかでも比較的雨量の少ない2月、3月がベストシーズンとされています。
DSC00776 (480x360)

【ルート】
ルートは45本くらいで、中間部のChillout Ledgeを挟んで下部は10台後半から20代前半、Ledgeから上は20代後半から30代前半と、幅広いグレードが揃っています。

下部は比較的簡単。2ピッチ登ってChillout Ledgeへ↓
DSCF9633 (480x360)

雨の日は取りつきが滝のようになるので、ラダーが設置されています↓
DSC03956 (425x640)

Chillout LedgeにはFixed Ropeがあり、最大6人くらいまで座れます。
CSM (8) (600x800)

上部のルートは被っている為、そのままダウンしてもLedgeには戻れません。要注意↓
DSCF9683 (480x360)

右側のHidden Wallにも中間部にLedgeがありますが、座ってゆっくりするだけのスペースはありません↓
DSC01024 (480x360)

シングルピッチのルートもありますが、基本的にはマルチピッチを楽しむエリアです。
また、雨の日はアプローチの途中で渡渉する必要もあります。
十分な装備で万全な安全対策をとってエリアに向かいましょう。
DSC01015 (480x360)

↓他にもミルフォードのクライミング日記にこのエリアの写真が載っています。
ミルフォード・クライミング日記

ニュージーランドらしい絶景を楽しみながらのThe Chasmでのクライミング。超オススメです!

<Yuko>

Tag:ニュージーランド クライミング ミルフォード